行動・感情

犬に吠えられる人と吠えられない人の特徴とは?

犬に吠えられる人と吠えられない人の特徴 アイキャッチ
どうも、しげおパパ
shigeopapa01)です。

犬を前にしたときに、吠えられる人と吠えられない人がいます。

めったに吠えないしげおも、なぜかこの人には吠えるということがあります。
見ているとその人は、他の犬にも吠えられていました。

基本的にどの犬を前にしても、吠えられる人吠えられない人というのは共通しているような気がします。
そうなってくると、どこに違いがあるのか気になってくるものです。

ここでは、犬に吠えられる人と吠えられない人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

犬に吠えられる人の特徴

犬に吠えられる人の特徴としてまず挙げられるのが犬を前にしたときの緊張です。
というのも、犬に吠えられる人というのは犬に対して過度な警戒心を抱いていることが多いのです。

そのため、犬を前にすると緊張してしまい、その結果、いつもとは違う汗を分泌してしまいます。
その汗のにおいに犬が反応してしまって、吠えられるというわけです。

また、犬に対する過度な警戒心というのは犬にも伝わってしまいます。
犬にしてみれば、警戒心を抱いている人間というのは弱々しい生き物に見えます。
もともとの狩猟本能が刺激されて、犬が吠えてしまうのです。

もちろん、別のペットを飼っている方が犬に吠えられるといったケースも少なくありません。
犬はにおいに敏感ですので、他の動物のにおいがすると吠えてしまうのです。

どのようなペットでもあり得る話なのですが、猫を飼っている方が吠えられるといったケースが特に目立つようです。

犬に吠えられない人の特徴

先でもお話ししましたように、犬に吠えられやすい人というのは犬に対する過度な警戒心を抱いているものです。

一方で、犬に吠えられない人というのは犬への警戒心といったものをあまり持っていません。
それどころか犬が大好きで、すぐに近づいて撫でたくなってしまうといった方のほうが多いのではないでしょうか?

警戒心を持たないからこそいつもと違う汗が分泌されることもありませんし、犬の狩猟本能を刺激することもないのです。

また、ペットを飼っておらず他の動物のにおいがしないから吠えられないといったケースもあります。

犬は先でもお話ししましたように、においに敏感です。
そのため、他の動物のにおいがしないからこそ吠えることなくそのまま受け入れてくれるといったこともあるのです。

まとめ


犬に吠えられる人と吠えられない人の違いは上記のような理由がありました。

むやみやたらに吠えているわけではなく、不安や危険を感じたときに防衛本能として吠えてしまうのです。

吠えられないためにまずは、警戒心を刺激しないようにすることが重要です。

何のため?犬も猫もやる『砂かけ』!それぞれ別の理由とはどうも、 しげおパパ(shigeopapa01)です。しげおの散歩の時に、いつも不思議に思ってた事があります。 家の周りはほ...