豆知識

愛犬の突然の病気やケガにも安心!ペット保険の知識とその必要性

どうも、しげおパパ
shigeopapa01)です。

わが家のパグのしげおは、大事な家族の一員です。

私たち人間には、公的な健康保険制度があり病気やケガをしても、かかった治療代の3割りを負担するという非常にありがたいものがあります。

しかし、パグのしげおにはそんな公的な制度はありません。

そのため、ちょっとした病気やケガで病院に行っても、人間以上の治療費や入院・手術代がかかります

パグは、体が丈夫であまり病気の心配が無いとされていますが、パグ(はなぺちゃ犬)特有の病気もたくさんあります。

主に、パグ脳炎、皮膚炎、熱中症、鼻腔狭窄、軟口蓋過長症、眼瞼内反症、膝蓋骨脱臼など・・・。

ペットの治療費は高額

パグしげお

治療費は各病院によって様々ですが、一般的な相場は下記のようです。

治療費の相場
  • 通院:3,000円〜10,000円 / 1回
  • 入院:5,000円〜15,000円 / 1日
  • 手術:80,000円〜400,000円 / 1回

特に手術は高額になりやすく、100万円以上かかる場合もあるそうです。

(例)皮膚病(膿皮症)の治療
(治療費は各病院によって異なります。下記は相場です。)

  • 診察料(初診)1,000円
  • 診察料(再診)600円
  • 消毒などの処置 4,000円
  • 抗生剤 3,000円
  • 薬、シャンプーなど 3,000円

1回の治療で11,000円くらいかかります。
1ヶ月〜3ヶ月の治療が必要ですので、10日おきの再診とすると、

11,000円✕3回✕1ヶ月〜3ヶ月=33,000円〜99,000円

こんなにも治療費がかかってしまいます。

軽度の病気やケガであれば、1度の受診で済みますが、上記のような場合、何度も病院を受診しなければなりません。

特に、慢性疾患は定期的に受診が必要ですし、大きな病気やケガは数ヶ月〜数年間の診察や投薬が続きます。

このことを忘れてはいけません。

ペット保険とは?

パグしげお

保険会社や商品によって補償内容は様々ですが、全てに共通することは月々決められた保険料を支払い、病気やケガによる通院・入院・手術などが必要になった時に支払われるというものです。

ですので、健康診断・予防注射・避妊、去勢手術などは適用外です。

人間の健康保険と異なること

  • 補償額の割合が選択できる
  • ペットの種類や年齢で保険料が変わる

ペット保険の精算方法が2通り

  • 窓口で保険が適用され、自己負担分だけ支払う(確認が必要)
  • 窓口では全額負担し、後日保険会社に申請、その後保険金が振り込まれる

お得なサービスや割引がプラスされているものもある

  • 病院の先生による24時間無料の電話サービス
  • ペットショップ・サロン・宿泊施設などの優待割引

しげおの場合、ipet(アイペット)という保険に入っています。

その会社が運営するClub ipetを利用し、提携しているサロンでトリミング30%OFFやペットショップ、ドッグカフェなどで割引を受けることができます。

入ってて良かったペット保険

ペット保険証

以前ブログにも書きましたが、しげおが脱臼かもしれないという事件が起き、病院に行きました。

結果はなんでもなく、ただ足をかばっていたという診断でした。

脱臼かな?パグしげおが足をブランブラン
脱臼かな?パグしげおが足をブランブラン!どうも、しげおパパ(shigeopapa01)です。今日は、朝からビックリしました。今まで何の病気も怪我もしたことないし...

レントゲンを撮って痛み止めを貰い、かかった金額は8,769円

でもしげおは、70%補償のペット保険に加入していたので2,631円で済みました。

領収書

近年は、ペットを飼う方が増えてきているので、各保険会社からも多種多様なペット保険が発表されています。

しかし、ペット保険の存在は知っていても、加入者は2割に満たないそうです。

「まだ若いから心配ない」・「そのうち考える」と言っているうちに、病気やケガをしてしまうかもしれません。

ペットは「痛い」・「かゆい」など話すことができません。

飼い主がみておかしいなと思ったら、病院に連れて行くしかありません。
結果はたいしたことでなくても、高額の費用を払うことになってしまいます。

あたりまえのことですが、保険加入前の病気やケガは補償対象外になります。

万が一の時の備えとして、健康なうちにペット保険に加入しておいたほうがいいと思います。(個人的な意見です)

愛するペットが最後に、「この家で過ごせて幸せだった」と思ってもらえるような環境を作ることが大切だと思います。

人間側の都合で、ペットの生命が脅かされることがあってはなりません。

最適なペット保険選び

資料

ペット保険といってもたくさんありペットの種類や年齢、大きさによって最適なペット保険は異なるため、一概にココがいいとは言えません。

ひとつ言えることは、評判がよく、補償もしっかりした、有名な保険が安心だと思います。

また、最適な保険を選ぶためにも数社を比較することが大切です。

ひとつひとつ見て比較するのが大変な場合は、ペット保険を複数比較したサイトがあるので、「ペット保険 比較」とググッてみてください。

各ペット保険会社の料金や特徴、補償内容などがわかりやすくまとめられています。
中には、犬種・年齢等を入力すると、各社の保険料が表示され比べることができます。

何社かに絞ったら、資料請求してみるのもいいかもしれません。
それは、パンフレットにしか載っていない情報もあるためです。

かわいい愛犬にもしもが起こる前に、検討されてみてはいかがでしょうか。

無料!ペット保険資料請求サイト

検索

保険スクエアbang!では、ペットの種類や犬種・猫種・年齢などを入力すると、飼っているペットに沿った保険料を比較することができます。

さらに、全9社の中から希望の保険会社を選択し一括で資料請求することができるので、手間がかかりません。

 

犬の嘔吐 アイキャッチ
【愛犬の嘔吐】元気だったのに急に吐く、これは自然現象?病気?どうも、 しげおパパ(shigeopapa01)です。今日、明け方のこと。 しげおがムクッと起きて自分のトイレに向かいました...
愛犬のちょっとしたケガに消毒液はNG!知らなかった本当の治療法どうも、 しげおパパ(shigeopapa01)です。土曜日の夕方、しげおが散歩中にはしゃぎすぎて側溝に落ちてしまいました。 ...