行動・感情

犬も夢をみるの?どんな夢?寝ているはずの愛犬が突然吠えた!

寝ているパグ
今日も、相変わらずソファで爆睡のしげお。

10時からパソコンに向かって仕事をしていると、急に細い声で「ワンーワンワンッ」。

どうした?と思って覗いてみると寝てる?!
夢でも見てるのか?

ってことで今日も調べてみました。

ノンレム睡眠?、レム睡眠?

首を傾げるパグ
睡眠には、ノンレム睡眠レム睡眠という2つの睡眠があるそうです。

ノンレム睡眠とは、深ーい眠りで体だけでなく、脳も寝ている状態のこと。
反対に、レム睡眠は体は休んでいても、脳は起きてる状態のこと。

人間の場合、睡眠全体の8割が脳も休んでいるノンレム睡眠。
犬の場合はその逆で、ノンレム睡眠が2割しかありません。

犬がちゃんと寝ている時間は、たった2割(3〜4時間)しかないんですね。
これは、野性時代(オオカミだった頃)の名残りらしく、敵が近づいてきたり、襲われたりした時にすぐに行動できるように、浅い眠りの割合が多くなっているそうです。

そういわれれば、しげおもちょっとした物音でも起きて周りを確認しています。

レム睡眠の時に夢を見る

仰向けで寝るパグ
人間の場合どちらの睡眠状態でも夢を見るそうですが、覚えている夢はレム睡眠の時に見た夢だそうです。

犬もこのレム睡眠の時に、夢を見るということが最近わかったらしいですよ。

手足を動かしたり、目が動いてる時はこのレム睡眠の状態だそうです。
この時に夢を見て、怒った声で吠えたり、楽しそうな声で鳴いたりするのが「寝言」らしいです。

どんな夢を見ているの?

犬が見ている夢の内容は、「最近体験したことを復習している」ということが研究でわかったそうです。

体験を夢の中で復習することは、犬が人間社会の中で、より上手に生きていくために大事なことだそうです。

健康のために!

口を開けるパグ
犬も睡眠は、疲れを取るために大事なものです。

さらにノンレム睡眠のときに、成長ホルモンの分泌が高まり、体の成長のほかに細胞の修復や代謝も活発になるそうです。

しかし、犬にはノンレム睡眠が、2割しかありません。

心身ともに健康で過ごすために、この短いノンレム睡眠の時はそっと寝かせてあげましょう。なるべく大きな音がしない静かな場所に、寝るスペースを作っておくといいそうです。

きつく怒られたり、怖い思いをした時は、その夢でうなされるということもあるそうです。いい夢を見られるように、お互い楽しい日々を過ごしたいと思います。

今日のしげおの寝言からすると、嫌な夢を見てたかな?
昨日の夜、怒ったからな・・・。

怒ったあとは、ちゃんと褒めてあげましょう!